家具の作り方
色々な木製の家具
  • 家族のベッド

    木製のイスとテーブル

    家族で使うベッド、それが三段ベッドです。そんな言い方をすることが出来るでしょう。この家具は寝るために利用するスペースを少なく済ませることが出来るので、人数が多くなればなるほど便利さが増すのです。

    詳しく読む

  • 部屋の高さ

    木製のタンス

    三段ベッドを考えている場合には、設置する部屋の「高さ」を考えに入れて買う必要がありますが、もし三段かさねたらつっかえてしまうという場合には、そうならないタイプの三段ベッドを選ぶことが出来ます。

    詳しく読む

  • 安全なベッド

    木製の青いイス

    三段ベッドといえば、どうしても考えてしまうのは高さゆえの安全性のこと。ただ、心配には及びません。最新の製法で作られた三段ベッドは耐震性能を備えたものがあり、安全な眠りを提供してくれます。

    詳しく読む

効率的に活用

スペースを効率的に活用できる

狭い子ども部屋を少しでも広く使える家具が二段ベッドや三段ベッドです。二段ベッドは家具店でも比較的よく見かけますが、三段ベッドも家具の通販サイトなどで見つけることができます。 三段ベッドは眠るためだけの道具ではありません。学習机を置く場所がないとき、三段ベッドは机に代わって、子どものパーソナルスペースになります。子どもにとって、自分ひとりの場所が持てるのは嬉しいことです。 少子化対策が叫ばれて久しくなりますが、収入の伸びが抑えられる中で複数の子どもを育てようとすれば、効率的な資金とスペースの活用が欠かせません。そのような要求を満たす手段のひとつとして、三段ベッドには今後も一定の需要があると考えられます。

三段ベッドで気をつけること

三段ベッドを購入する場合、大きさや重さには注意が必要です。組み立て式の製品もありますが、全体の重量が相当にあるので、ひとりでセッティングするのは中々大変です。また高さもあるため、天井の高さによっては上の段が極端に狭くなるおそれがあります。 寝る人によって窮屈に感じる点も問題になる場合があります。子どもが小さいうちは良いのですが、成長するにつれて頭がつかえたりします。窮屈さが嫌になって、ベッドを使わなくなっては意味がありません。一般に三段ベッドは、何十年も使うようなものではなく、幼い子どもが複数いるときに重宝する家具です。使い方を間違えなければ、子どもに喜ばれ親も出費を抑えられる便利な家具になるでしょう。